予約制のお店なら2階以上の居抜き店舗がお勧め

通常、居抜き店舗は集客するために1階がいいと言われていますが、エステやマッサージ店など予約制のお店なら2階以上でも十分、経営していけます。今はネットで集客するスタイルが一般的なのでそれほど1階にこだわる必要がありませんし、口コミで集客しているお店もたくさんあります。また、美容系の居抜き店舗を探す時の条件として駅近や商店街、人通りが多い場所、あるいは賃料が安い物件など条件を上げたらキリがありませんが、外せない条件を絞ると探しやすくなります。駅から離れていて、人通りのない場所でも繁盛しているお店はたくさんありますし、まずは気になる物件が見つかったら人の流れを調べてみることです。出店するエリアに実際に住んでみて人の流れを調べているオーナーもいらっしゃいますし、曜日や時間帯ごとに人の流れを記録しておくのもいいでしょう。

居抜き店舗のメリット

居抜き店舗のメリットについて考えていきます。これからお店を開業しようと考えた際に悩みの種になるのが、店舗にかかる費用です。この店舗にかかる費用をできるだけ安く抑えることができれば、今後の開業の行く末が明るくなってきます。そこで、お店を開業する際に店舗にかかる費用をできる限り削減するための方法として、業種が同じの居抜き店舗を利用するのが良いです。業種が同じであるというのがポイントになってきます。例えば、これから飲食業のお店を開業しようとする場合には、最初から水回りや空調、電気、什器等の設備投資がかかりますが、居抜き店舗ならばそれらが最初から付いていますので、新たに設備投資をしなくても済むため、かなり費用を節約することができます。どのくらいの費用を節約できるかですが、それは最大でも約60%ほどの費用を節約することができます。これは、経営者にとってはかなりメリットがあります。

居抜き店舗は内装そのままの店舗のこと

居抜き店舗は内装そのままの店舗のことのことです。通常お店が建物を借りて営業する場合は、自分らしさを出すために内外装を改装して使用します。しかし事情でその建物から撤退する際は、借り物ですから原状回復工事と称して、契約した段階での内外装に戻す必要があります。そのためにはそれの経費を用意しておかなければなりません。お店を営業するために使用するこれらの改装経費は経営上必要な経費とはいえ、資金力もない業者や個人にとっては相当な負担になります。そこでいつからか誰かがこのスタイルで建物を賃貸する方法を編み出しました。居ぬきなので建物を改装して契約することはできないために、自分らしさを建物で表現することはできませんが、代わりに経費を圧縮できるというメリットがあります。また室内設備をそのまま使用するために厨房機器やテーブルやいすもほぼそのまま使用するために、これらの備品購入も圧縮できることになります。

仲介手数料半額キャンペーも随時実施中です。 居抜きカフェでは最新の店舗物件情報をご案内しております。 年間の居抜き物件契約数800件超!業界NO,1の契約実績を誇ります! 多くの成約者様より喜びの声を頂いており,信頼度ナンバーワンです。 知識、経験豊富なスタッフがお客様のパートナーとして物件の紹介から開業までお力添えさせていただきます。 居抜き店舗はこちら

Copyright © 2016 居抜き店舗の仕組み All rights reserved. Theme by Rankerz SEO Company